自分流生活デザイン



ワンルームを機能的に使う、 おしゃれに使うそんなちょっとしたコツを紹介。
あなたの部屋を自分流にアレンジする4つの ノウハウをここに公開!

お金をかけない演出法

壁を上手に使う。これが狭い部屋を広く、明るく使う上手なやり方。そこで活用したいのが、カレンダーやポスター類。
またちょっとしたイラストでも額縁に入れて飾れば、なかなかおしゃれな演出が出来る。

家具の置き方で広さを演出

賢い家具の並べ方は、まず高さを整えること、奥へ行くほど低く置くの2点。壁面いっぱいにものを置くと圧迫感があるといわれるが、中途半端に壁を残しても散漫な印象になるだけ。
それより、半分までは天井いっぱいまで高さを揃え、残りはすべて残すというようなメリハリのある方がいい。また、家具を置くときは、空間を正方形に残すと部屋が広く見える。

カーテンのちょっとした工夫

カーテンやブラインドは、部屋を広く見せるポイント。暗い色や強い柄のものは、室内全体を重く狭苦しく見せる原因になる。
また、カーテンは窓枠のサイズに合わせるのではなく、思い切って天井からつるしてみると、窓が大きく感じられて視覚的にも部屋が広く見える。

省スペースを徹底する

ワンルームでばかにならないのが、クロゼットなど扉を開閉するスペース。ドア式の収納家具は、開け閉めのために実際の奥行きの2倍以上のスペースをとる。
省スペースを徹底するなら、開閉場所をとらない引戸タイプや折戸タイプが良い。