先輩が語る!!



先輩の経験談を生かして、より快適なお部屋をGETしましょう!

パンフレットやチラシに載っている写真や間取りのカッコよさだけで決めて失敗!!

 時間もないし、業者さんの言われるがままに、建物や部屋の下見もしないで、パンフレットやチラシに載っている写真や部屋の図面だけで決めてしまって大失敗・・・・ということのないよう部屋を探すときは、いくつものバリエーションを選び空き部屋の場合は中も見るようにしよう。

下見はじっくりと! 付近の環境も考慮して!!

 線路の近くのアパートに決めたところ、真夜中も列車が走り気になって眠れない・・・ということのないよう下見のときには、付近の環境にも気をつけたい。特に線路沿いでは、真夜中でも走る列車があるので注意したい。

将来も考えて・・・

 大学生活にも慣れ、車を持ったのはいいけれど、駐車場が付近になくて大変。おかげで駐車場付きのアパートを探すはめに・・・将来車を持つ予定の人は、あらかじめ考慮しよう。

慣習や契約内容に注意しよう!

 4月にアパートに入居して、都合により夏に引っ越しをしようと考えた。ところが大家さんから「3月分までの家賃を払って下さい」と言われた。どうしてなの?契約書の中に特約事項というのがあり、そこにいろいろな事が書いてある。契約時には契約書に必ず目を通し、チェックしておこう。

部屋の防音はどうなっているの?

 防音効果は、アパートよりはマンションタイプの方が高い。しかしいくら高いと言っても限界はあるもの。生活をする上である程度の我慢も必要。一人暮らしは、ルールとマナーとコミュニケーションが大切。あまりにもうるさい時は、大家さんに相談するのも1つの方法です。

新築の部屋以外は汚いというけれど・・・

 築年数にこだわるのもいいが、比較的新しい物件は家賃が高い。パンフレットに書いてある築年数は部屋選びの基準となりうるが、実際見にいくと前の住人の使い方によってはきれいなものもある。また、中にはリフォームされている物件もある。
【当社は、退去後部屋のクリーニングを業者に依頼しております。】

まとめ

やっぱり、同じ大学の先輩のいるアパートが安心できる。親しくすれば、大学生活のいろいろな事を教えてくれるかも。そして部屋探しの失敗を未然に防ぐには、先輩に聞くのが一番の近道。
また、先輩のいない人は 0120-23-4142 に電話をすれば、いろいろなことを教えてくれます。