都市計画について


都市計画とは
★調和のとれた秩序ある町づくりのため建物、公園、道路など計画的に配置するのが都市計画です。
★都市計画では、計画的な市街化区域と市街化を抑制する市街化調整区域に分けられます。
★市街化区域には、区域によって用途指定があります。
★市街化調整区域の土地は原則として、宅地の造成及び建物の建築は出来ません。

★住居系★

第1種低層住居専用地域 第2種低層住居専用地域 第1種中高層住居専用地域
低層住宅に係る良好な住居の環境を保護する為の地域です。 主として低層住宅に係る良好な住居の環境を保護するために地域です。 中高層住宅に係る良好な住居の環境を保護するための地域です。500㎡までの一定の店舗や病院、大学等が建てられます。
第2種中高層住居専用地域 第1種住居地域 第2種住居地域
主として中高層住居に係る良好な環境を保護するための地域です。1500㎡までの一定の店舗等が建てられます。 住居の環境を保護するための地域です。3000㎡までの店舗や事務所、ホテル等も建てられます。 主として住居の環境を保護するための地域です。パチンコ屋やカラオケボックス等も建てられます。

★商業系★

準住居地域 近隣商業地域 商業地域
道路の沿道として地域の特性にふさわしい業務の利便の推進を図りつつこれと調和した住居の環境を保護する為の地域です。 近隣の住宅地の住民に対する日用品の供給を行う商業等のための地域です。住宅や店舗のほかに小規模の工場も建てられます。 主として商業の利便性を促進する地域です。デパートなどの商業施設、映画館などの娯楽施設が建てられます。

★工業系★

準工業地域 工業地域 工業専用地域
主として、環境の悪化をもたらす恐れのない工業の利便性を促進させる地域です。 主として工業の利便を促進するために定める地域です。住居や店舗は建てられますが、学校やホテルなどは建てられません。 工業の利便性を促進させる地域です。住宅は建てられません。